菓子パン☆メリーゴーランド

ゆんわり 適当 easyに 好きに綴っていきます

『芸術は爆発な太郎に力をもらってる』①

時々、太郎の本を

パラっと読むことがある

何年も前に太郎ブームがあった時
私も 吸い寄せられるように
太郎に魅了された

当時、たぶん「ほぼ日」(糸井重里さんのほぼ日刊イトイ新聞) で特集されてて
太郎の本も結構出てたと思う

本気の生き方に
エネルギー全開の生き方に
爆発してるその存在に
すごく惹かれたんだ

その激しさ、情熱

太郎の絵は力強過ぎて
時々圧倒されて
太刀打ちできない時がある

パワーダウンしてる時は
直視出来ない

言葉もまたそうで
気概がない時には
むしろヘロヘロで
入って来ない
受け取れない

情熱に向かってやってきたい‼︎と
思ってる時に読むと
パワーを貰える
既成概念を外して
アグレッシブに突き進む志に
ゴーンとやられる快感がある

初めて読んだ太郎の著書は
『自分の中に毒を持て』
だった
文庫本の、イイと思える箇所に
蛍光ペンでアンダーラインを
引きまくってたら
やたらカラフルなページだらけに
なってしまっていた

読み進めていくうちに、
枠を超えてはみ出して
常識の外に向かってく姿に
心打たれた


“常識なんて ぶち壊せ!”


“自分なんて ブッ飛ばせ!”


“今迄の自分なんて 覆せ”


と、迷いの最中にいる自分を
鼓舞してくれてるように感じた

ものを創る者にとって
太郎の情熱が
叱咤激励のように響いた


その後
空白の期間があったりして
本を手に取るには
パワーがある時じゃないと
その気分になれないから
辛い みたいな時もありました

ありますよね
人間って 波だから

今でも まだ
強過ぎじゃね?て
思っちゃう時もあって
読めるのと読めないのが
あります

でも それでもいいんじゃないのかなって

自分の気分にフィットするものを
その時々に
選んでいけば

 

あれ?
何の話してるんだろう?

 

えっと
本当は別の太郎の本を紹介しようと思ったら
想像以上に書きたいことが沸いてきて
長くなってしまったので

 

また次回
シリーズ二作目に続きます( ´ ▽ ` )ノ

 

ご愛読下さりありがとうございます