菓子パン☆メリーゴーランド

ゆんわり 適当 easyに 好きに綴っていきます

アルケミスト

 

1年くらい前に読んだ本、『アルケミスト』(パウロ・コエーリョという方が書かれた小説) をもう一度読んでみました。

 f:id:lucky-bluestar:20160914141246j:image

一年前にも印象に残った場面が沢山あったのですが、改めてこの本を読んで心に響く言葉が幾つもあったので、読んだ感想をやっぱり書きたくなりました。

 

最初はお伽話の世界に入っていくような、子供の頃に月と星が空に瞬いてる夜の、眠る前に読んで貰うファンタジーのように何が起きるのか、ワクワクしながらページをめくりました。

 

筋をざっくり言うと、羊飼いの少年が、夢で見た宝物を探しに旅に出る、というお話。

 

旅の道中で立ち寄る街や砂漠やオアシスで、少年は色んな出会いをしていきます。

 

話のところどころで、沢山の胸に沁み入る言葉や腑に落ちる感覚がありました。

 

夢を追う者にとって、
或いは 夢を追い求めていた者にとっても、
はたまた 夢があるけれど蓋をしてきた者にとっても、
そして 夢はあるが迷いが出てグラついている者にとっても

凄く凄く 心に響くセリフがいくつも登場します。

それを幾つか紹介すると

 

「おまえが誰であろうと、何をしていようと、おまえが何かを本当にやりたいと思う時は、その望みは宇宙の魂から生まれたからなのだ。それが地球におけるおまえの使命なのだよ」

 

「傷つくのを恐れることは、実際に傷つくよりもつらいものだと、おまえの心に言ってやるがよい。夢を追求している時は、心は決して傷つかない。それは、追求の一瞬一瞬が神との出会いであり、永遠との出会いだからだ」

 

「地球上のすべての人にはその人を待っている宝物があります」

 

そう、私達には最初から宝物があるのですよね、それを探しに行くのか、どうなのか

でも、確実に ある 。

この他にも沢山自分を奮い立たせてくれるフレーズがそこかしこに散りばめられておりました。

 

私が思ったのは、
本来の自分の声に従っていくことが、
それぞれの、その人の生きる道で

 

今、この人生で
この命で生まれてきて

本当に自分のしたいことを

からしたいと思ったことは

今 それをした方がいいのだな、

それが 正規のルートなのだな

自分の道なのだな

ということ。

 

憧れを抱けば、恐れがつきまとう。

そんな中で

それでもどうしたいのか?

今、夢の最中でグラグラ迷ってる人にも
自分を見失いそうになってる時にも、

 

優しい“勇気”をくれる本だと思いました。