菓子パン☆メリーゴーランド

ゆんわり 適当 easyに 好きに綴っていきます

「チーズ」

ライトアップされたお寺の塔の前で 「チーズ」 「チーズ」 と言って 写真を撮り合う老夫婦 シャッターを押す前の その瞬間のための 何度も連呼する その「チーズ」は なんて あたたかい合言葉だろう

ふわりと香る

この時期になると 金木犀の香りが どこからか 風に乗って運ばれてくる 甘くて爽やかでいい香り 外を歩いてるだけで こんな優しい香りに包まれるなんて いつもこの季節を 嬉しく思う とても素敵な香り なぜか星を想う キンモクセイて言葉だけで 関係ないのに …

越えてこう

超えてこう 乗り越えてこう その先に 進もう て 思ったんだ

傷つきやすい自分を許す

自分を否定していた それも色んな面があるけど 傷つきやすいその面は 駄目なコトだと 否定していた 自分で自分を傷つけていた 傷つきやすい 繊細な 脆い 凹みやすい 劣等感を感じやすい自分が いることは 許せなかった これじゃダメなんだと こんなんじゃダ…

楽しみ

人を楽しませることは 楽しい

そういう時期

足りないな 足りてないなって 毎日 進んでは数歩下がって 後戻りして 揺らいでる そんな自分を なだめてあげる時期

やる気なし

まったくやる気がしない なぜか何もしたくない 今年一やる気がしない ここ数年で一番やる気なし 脱力 何もする気起きない 新月のあたりから凄く眠くて 眠気は凄くあったけど 眠いのとは別にして やる気が起きない すべてが面倒で ただ 寝転がって ダラダラ食…

こんなことで

こんなことで諦めちゃダメだ たかがこれだけのことで打ちのめされてしまってはいけない どうしようもない時 自分では抗えなくて とても辛い けど これは過程なんだ まだまだ過程なんだ 歩いてる最中 夢に向かう道のりで 転んで出来た小さな傷 泣き出しても本…

できなくて泣く

落ち込んで 現状が変わらなくて 切実に哀しくなって 自分が情けなくなって 泣く できなくて やれなくて 泣いて 泣いた まわりは変わっていってるのに 進んでいるのにって いつも感じてしまう 置いてかれる気持ち 自分だけ立ち止まってる 寂しさ 頑張ってもど…

目覚めの朝

朝、目覚めて とてつもなく 遅い時間だと 世界から取り残されたような 置き去りにされたような 気持ちになる 昼間眠りについて 夕方遅く目を覚ました時も 侘しさと孤独と絶望感に 襲われてしまう時がある 焦りの時を刻んでる 根底にそれがある けれど徐々に …

夜な夜なホットケーキ

今日は早朝からお仕事 帰ってきて、妙に疲れて、眠くて、 そのまま出かけるつもりでいたけど、 とりあえず一休みしようと、 床に寝っ転がって、 でもそれじゃ疲れ取れないから、 やっぱりベッドに入って寝て、 結局、夕方6時半過ぎくらいから 夜9時過ぎく…

チョコレートdays

今日はバレンタインですね バレンタインの時期になると 普段以上にチョコレートが食べたくなるのは 私だけでしょうか? 確実にイベント事に煽られてる気もしますが やっぱり 食べたくなるなるチョコレート 甘い誘惑 甘美な逃避 一かけらのチョコを口に放り込…

walk along the river

午前中、川沿いをいつもより長めに散歩した。 今日の夜からまた雪が降るかもしれなかったから。 道の端にはこの間の雪がまだチラホラ残っていた。 土手の斜面は、一面真っ白でキレイ。 シンとした冷たい真冬の空気の中を歩く。白い渡り鳥、川のせせらぎ、枯…

sunny spot

陽だまりに和む 昼下がりの公園のベンチ ホカホカと暖かい日差しがサンサンと注ぐのを 真正面から全身で受けとる ノートのページをめくる 隣から 家族連れが開けたサーモマグのコーヒーの匂いが運ばれてくる ほんわりする ヨチヨチ歩く赤ちゃんがヨタついて…

人とくらべない言葉

私には 私の良さ がある

どうしようもなく

どうしようもなく 悲しくて どうしようもなく 情けなくて どうしようもなく 何もかも嫌になって どうしようもなくて どうしようもなくて やるせなくて 変わらなくて 進めなくて 後退して どうしようもなくて どうしようもなくて 焦って 褪せて とどまること…

にゃんこ日和

公園をプラプラ散策してたら にゃんこにバッタリ 「自由でいいのだよ 」と告げてるような 日向ぼっこちゅう ほっこり ほわほわ 時には にゃんこみたいに なりたい

青空日和

昼下がり、青空真っ盛り 自転車で川沿いを漕いでたら 遠く土手で 女の人二人が川の方を向いて 何やら大きな声で大げさなアクションで 身振り手振り 漫才の練習をしていた なんかいいな 普段の景色から 急に非日常的な 自由な光景を目にすると こっちまで ワ…

芸術は爆発な太郎に力をもらってる ②

ずっと私の本棚にある岡本太郎の「壁を破る言葉」 太郎の言葉は 力強い 読むと背中を押してくれる後押ししてくれる言葉の数々 その時々によって 胸に響く言葉が違ったりもする 行き詰まった時に 突破口となってくれる言葉たちそれらを ここで いくつかご紹介…

いい感じ

さっき 自転車で川沿いを漕いで、 ベンチに座ってるギャル二人の前を 通過しようとした時 「あ! 白い鳩飛んでる! いいことある!」 って、聴こえてきた 川面を見たら、確かに 鳩ではないが、渡り鳥みたいな白い鳥が ちょうど飛び立っていった なぜ白い鳩見…

『芸術は爆発な太郎に力をもらってる』①

時々、太郎の本を 読むことがある 何年か前に太郎ブームがあった時私も 吸い寄せられるように太郎に魅了された 当時、たぶん「ほぼ日」(糸井重里さんのほぼ日刊イトイ新聞) で特集されてて太郎の本も結構出てたと思う 本気の生き方にエネルギー全開の生き方…

ハロウィンだけど②

大人だけど 「トリックorトリート」って呟いたら 空間からお菓子が出て来たら いいのに って思う

ハロウィンだけど

なんもしてない

こういうもの

前向きな私もいれば 後ろ向きな私もいる 後ろ向きな時もあれば 前向きな時もある こういうもの、なんて型はない 断定しなくていい 常にネガティブな訳でもない でも大方それを占めてる だからといって その性質になぞって それを演じ続けなきゃいけない訳で…

秋晴れ

秋ですね ↑ (お日様を写したらこんな感じになりました ホヤーンとしてる) 風がとても気持ちいいです 空は晴れやかで 気温も涼しげ 緑は陽の光を浴びてキラキラ輝き 風に葉がサワサワと揺れる様も 気持ちがいいです 新しい季節の到来

口角が上がったおばちゃんが向こうから歩いて来て

つられて 自分まで 口角が上がった

お茶漬けみたいな日

今日は台風の影響で朝から雨 お休みの日 日曜日 いつもより遅めに ゆっくり起きる マックに行く 意外と人がいた もっとお休みぽい ゆったりさを感じたかったのにな なんだかなあ1000ポイント 期待を抱いた分 残念感漂う 家に帰って 昼寝する 雨 なんかダルい…

雲間の晴れ間

雲間のスッキリサイダーカラーの空 周りが曇ってる分、 よりスッキリとした秋の青空を感じる

カラ回り

いざ やろうとすると できない いざ 意気込んで やろうとすると 力み過ぎて うまくいかない 調子が乗らない 悲しい情けない どうしようもない 滅入る 自己嫌悪が積み上がる でも だけど まだ もう ちょっとだけ ちょっとだけ ペダルを踏んで カラ回りし続け…

できなくたって

できなくたって 何も問題ないよ なんだか 気がのらない日 なんだか うまくやれない時 止まって休む日もある 進むだけが すべてじゃない 昨日決めたプランがなに? 人生には波があって どのタイミングかは 感覚でやればいい 一旦休止することも 長いスパンで…